スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.11.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その7

    0

      ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その7

      プレイ動画のその8はこちら⇒

      ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その6

      0

        ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その6

        プレイ動画のその7はこちら⇒

        ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その5

        0

          ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その5

          プレイ動画のその6はこちら⇒

          ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その4

          0

            ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その4

            プレイ動画のその5はこちら⇒

            ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その3

            0

              ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その3

              プレイ動画のその4はこちら⇒

              ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その2

              0

                ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その2

                プレイ動画のその3はこちら⇒

                ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その1

                0

                  ゲゲゲの鬼太郎2 妖怪軍団の挑戦 プレイ動画その1

                  プレイ動画のその2はこちら⇒

                  アドビ、政府機関と協力し、成りすましによるサイバー攻撃対策を強化  今日はこのニュースについて

                  0
                    (ここから引用)

                    アドビ、政府機関と協力し、成りすましによるサイバー攻撃対策を強化
                    Computerworld 4月27日(金)3時50分配信

                    アドビ システムズ代表取締役社長のクレイグ・ティーゲル(Craig Tegel)氏

                    アドビ システムズ代表取締役社長のクレイグ・ティーゲル(Craig Tegel)氏

                    【詳細画像を含む記事】

                    アドビ システムズは4月25日、「内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)」の協力要請を受け、「Adobe Reader」および「Adobe Acrobat」の日本の政府認証基盤(GPKI)に対応する機能を改修したと発表した。

                    同改修によりユーザーは、GPKIの官職認証による電子署名が付与されたPDFファイルを、簡単に確認/検証できるようになる。

                    4月26日に行われた説明会では、アドビ システムズ代表取締役社長のクレイグ・ティーゲル(Craig Tegel)氏が登壇し、「現在、Web上で公開されているPDFの数は1億6,000万あり、Adobe Readerの配布数は10億を超える。また政府機関がWebサイトで公開しているファイル・フォーマットは95.9%がPDFだ。こうしたことから、PDFファイルが悪用される」と語り、NISCの要請に積極的に協力していく姿勢を明らかにした。

                    ▲電子署名の自働確認の仕組み

                    今回の改修によって、GPKIの発行する電子証明書の付いたPDFファイルを閲覧者が開くと、Adobe Readerが自動的に同証明書を確認するようになった。同機能はAdobe Reader 10.1.3およびAdobe Acrobat 10.1.3で利用可能。すでに4月21日より提供されているという。

                    アドビは、「自動的に署名検証できることで、成りすましによるサイバー攻撃防止対策になる。既存のGPKIの仕組みを利用しているので、費用は発生しない」と語った。

                    また同社とNISCは、そのほかのサイバー攻撃対策として、PDFソフトの定期的な更新、電子署名確認の徹底、PDFファイル閲覧時のセキュリティ・チェックなどを挙げている。アドビはAdobe ReaderおよびAdobe Acrobatのセキュリティ・パッチ公開に関する定期的な情報提供を、NISCでは各府省庁が常にAdobe Acrobatを最新の状態に保つなどの対策実施を推進するとしている。

                    (Computerworld.jp)

                    【関連記事】

                    2012年第1四半期の脆弱性報告数、上位3社はアップル、オラクル、グーグル

                    グーグル、マルウェアに感染した可能性がある2万件のWebサイトに警告

                    セキュリティ専門家が警鐘、「自分がIT管理者なら、BYODは全面的に禁止する」

                    モバイル・マルウェアへの感染が企業で大幅に増加

                    利用者の多くは企業のセキュリティ対策に不安感――「個人データは安全と信じる」のは12%

                    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120427-00000001-cwj-sci


                    (引用ここまで)






                    14万台のMacがいまだトロイの木馬「Flashback」に感染--ノートン 今日はこれを取り上げます

                    0
                      (ここから引用)

                      14万台のMacがいまだトロイの木馬「Flashback」に感染--ノートン
                      CNET Japan 4月18日(水)19時20分配信

                      シマンテックは4月18日、現在も約14万台のMacがトロイの木馬「Flashback」に感染しているとする調査結果を発表した。アンチウイルス製品を提供するDoctor Webは、4月4日に60万台以上のMacがFlashbackに感染していると発表していた。

                      シマンテックによると、数々の対策ツールやAppleによるセキュリティアップデートが実施されたことで、Flashbackに感染したMacの数は減少傾向にあるものの、いまだ約14万台が感染状態にあるという。

                      同社では、もし使用しているMacがFlashbackに感染しているかどうか疑わしい場合には、最新のパッチをインストールして、ウイルス対策の定義ファイルが最新であることを確認し、無償の「Norton Flashback Detection and Removal Tool」(英語)を使用するよう勧めている。

                      【関連記事】

                      「Mac OS X」を狙う新しいトロイの木馬「SabPub」--「Word」ファイルを通じて感染か

                      60万台以上の「Mac」がトロイの木馬「Flashback」に感染か

                      特許庁の端末がトロイの木馬に感染--未公開情報の流出は確認されず

                      トロイの木馬:PC内ドキュメントを暗号化、解読ツールで金銭を要求

                      ウイルス対策ソフト「ESET」Android版で無償のモニタープログラム

                      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120418-35016367-cnetj-sci


                      (引用ここまで)






                      平安遷都794年の南海地震か、古文書で確認

                      0
                        (ここから引用)

                        平安遷都794年の南海地震か、古文書で確認
                        読売新聞 4月17日(火)23時45分配信

                        平安京への遷都が行われた794年(延暦13年)に南海地震とみられる未知の巨大地震が起きていたことが、古文書の調査でわかった。

                        岡山大の今津勝紀准教授(日本古代史)が17日、発表した。南海地震は100年程度の周期で起きているとされるが、この地震の前後約200年間の記録はこれまでに見つかっておらず、その「空白期間」を埋める地震だとしている。

                        今津准教授によると、日本の正史の一つ「日本後紀」などの内容を抜粋した「日本紀略」(平安時代に編纂)に、延暦13年7月10日、「宮中並びに京畿官舎及び人家震う。或いは震死する者あり」との記述があった。その2年後には、四国の海沿いを巡る古代の街道「南海道」を廃止し、後に新たに道を設けたと記されていた。

                        今津准教授は、街道の廃止は、巨大地震による大津波被害のためだったとし、その震源域が太平洋側と推定されることから、南海地震だったと判断した。

                        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120417-00001285-yom-sci


                        (引用ここまで)







                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:308 最後に更新した日:2012/11/01

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM