スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.11.01 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    改造「しんかい6500」、加速・制動が向上 今日はこれを取り上げます

    0
      (ここから引用)

      改造「しんかい6500」、加速・制動が向上
      読売新聞 4月16日(月)20時52分配信

      推進器が4台から6台に増設され、移動性能が向上した「しんかい6500」=伊藤崇撮影

      海洋研究開発機構の潜水調査船「しんかい6500」の改造工事が終了し、駿河湾での潜航訓練の様子が16日、報道陣に公開された。

      1989年に建造された同船は3人乗り。今回の改造で、スクリューなどを備えた推進器を4台から6台に増設、加速や制動の能力が向上したほか、全方向にスムーズに移動できるようになった。熱水が噴出する複雑な地形や切り立った崖での試料採取など、高度な調査観測も可能となる。

      この日の訓練は、静岡県伊豆市から約13キロ沖合の駿河湾の海底(水深約1500メートル)で約5時間にわたり実施。23日から本格的な調査で使用する予定という。

      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000968-yom-sci


      (引用ここまで)






      今日のネタはこちら Instagramの共同ファウンダー、Mike Kriegerがゼロから10億ドルまで、開発の道のりを185枚のスライドで解説

      0
        (ここから引用)

        Instagramの共同ファウンダー、Mike Kriegerがゼロから10億ドルまで、開発の道のりを185枚のスライドで解説
        TechCrunch Japan 4月13日(金)2時34分配信

        写真:TechCrunch

        Instagramの共同ファウンダー、Kevin SystromとMike KriegerがInstagramがFacebookに10億ドルで買収されて以来、無理もないことだが、この件に関して固い沈黙を守っている。

        Instagramの共同ファウンダー、Mike Kriegerがゼロから10億ドルまで、開発の道のりを185枚のスライドで解説

        この買収については膨大な報道がなされ、その評価も賞賛から非難までさまざまだし、影響の予測や動機の推測をする記事にもこと欠かない。

        しかし、Instagramが実際にどうやってこれほどの急成長を遂げることができたのか少し(実際には非常に詳しく)知りたいという読者は以下のスライドを参考にすることをお勧めする。

        昨晩(米国時間4/11)、Kriegerは以前から予定されていたとおり、Airbnb主催のTech Talkという部内向けイベントに出席して講演を行った。そのテーマはまさに「Instagramをいかにスケールしたか」だった。

        10億ドルで買収された直後だったことを考えると、Kriegerはよくも185枚のスライドが用意できたものだと思う。

        レクチャーの内容は、イベントの名前から予測されるとおり、きわめて専門的かつサーバ寄りの話だった。そこではKriegerのチームが何百万ものユーザーを獲得する前に克服しなければならなかったさまざまな困難が詳細に説明されている。たとえば―

        InstagramはTwitterのようにサーバがダウンしていることを示すクジラのイラストなどをわざわざ作るような必要はなかったものの、やはり404を始めとして数多くの深刻なエラーに見舞われた。

        Instagramが経験したような急速なスケーリングというのは自動車を時速160kmで走らせながらあらゆるパーツを交換するのに等しい。「車輪を再発明する」愚は絶対に避けなければならない。優れた助言者を探し、広く外部の知恵を利用すべきだ。しかし誰か外部の人間が責任を取ってくれるわけでないないことを忘れるな。責任を取るのはあくまで自分たちだ。

        Kriegerによれば、今月初めにやっと実現したAndroid版のローンチはInstagramの開発の歴史の中でももっとも重要な達成の一つだったという(スライドには「Android版の開発に成功したことは適切なデータベースを選定し、常に機敏に意思決定をしてきたことと同じくらい重要だった」とある。Androidアプリを市場に送り出すまでにこれほど長くかかったのはそれだけ開発が困難を極めたからだ。

        Instagramの魅力の本質をなす単純さは決して表面的なデザインにとどまらず、Kriegerたち開発チームの本質的な哲学から発したものであり、バックエンドのパーツの隅々にまでにこの哲学は染みわたっている。

        Kriegerは「作動するパーツを最小限にしたもっともクリーンな解決策を見つけることが常にわれわれの最終目標だった。われわれはInstagramの次の章がどうなっていくか楽しみにしている」と述べた。

        以下に全スライドをエンベッドしてある。

        View this document on Scribd(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+)

        【関連記事】

        #whitespace―Google+に「なんでこんなに広い空白が?」とユーザー首をひねる

        モバイル広告のマーケットシェア, 3月はiPad 3効果でiOSがAndroidに勝つ

        AmazonやeBayがPinterestボタンを導入?まさにネットショップの最適メディアだ

        エンジニアのためのポートフォリオ作成サービスhat.ioが登場

        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120413-00006119-techcr-sci


        (引用ここまで)






        第1回 バッテリーの持ちはどう?――「AQUOS PHONE SH-06D」 今日はこれを取り上げます

        0
          (ここから引用)

          第1回 バッテリーの持ちはどう?――「AQUOS PHONE SH-06D」
          +D Mobile 4月11日(水)20時1分配信

          AQUOS PHONE SH-06Dのバッテリー容量は3.7V 1520mAh

          「AQUOS PHONE SH-06D」の“ここ”が知りたい:

          NOTTV対応端末ということで注目を集める「AQUOS PHONE SH-06D」だが、Androidスマートフォンとしての基本機能も非常に高いモデルだ。今回はバッテリーの持ちと気になる外観の塗装について紹介する。

          【他の画像】

          ●質問:バッテリーは持つ?

          Androidスマートフォンは、一般的にマルチタスクをサポートしているうえ、バックグラウンドで動作するアプリも多いため、バッテリーの持ちはあまりよくない機種が多い。ノートPCを起動しっぱなしにすればそれなりにバッテリーを消耗するように、バックグラウンドでさまざまなアプリを動かしながら使ったり、頻繁に通信したりするAndroidスマートフォンのバッテリーはただでさえ減りやすい。ではAQUOS PHONE SH-06Dはどうか。

          SH-06Dでは、3.7V 1520mAhのバッテリーを採用。先代の「AQUOS PHONE SH-01D」と同じ容量のバッテリーなので、やや心許ないが、シャープ独自の省電力機能「エコ技」を搭載しており、細かな消費電力制御を行っている。初期設定では一部アラーム系のアプリや通知が必須のアプリの動きまで止めてしまうものの、通知が止まっては困るものを除外リストに加えておくことで、使用感は維持しつつ、効果的にバッテリーをもたせることができる。

          エコ技の「通常」モードでも、待受状態で特にアプリなどを立ち上げておらず、メールを何通か受信した程度あれば、9時から24時までの15時間で25%程度しかバッテリーは減らなかった。さすがに3GやWi-Fiで通信すればそれなりにバッテリーを消費するので、日中に1回くらいは充電が必要になるが、予備のバッテリーを持っていれば安心というレベルだ。

          ただしNOTTVを視聴する場合は、かなりの電力を消費する。NOTTVの連続視聴時間は、暫定値で約190分(約3時間10分)。NOTTVでよく放送しているプロ野球の試合を始めから終わりまで視聴しようと思ったら、予備のバッテリーは必須になる。試しにGPSオン、Wi-Fiオン、画面の明るさ自動の状態でフル充電からNOTTVを付けっぱなしにしてみたところ、約3時間23分でバッテリー残量が5%になりアプリが終了。Wi-Fiオフ、GPSオフの状態では約2時間55分でアプリが終了した。条件などによってある程度差は出るだろうが、ほぼスペックどおりという印象だ。ちなみにワンセグの連続視聴時間は約220分(約3時間40分)となっている。

          なお、SH-06Dに付属の充電台で充電しながらNOTTVを視聴すると、バッテリーの電力を緩やかに消費していく。これはドコモのFOMA用ACアダプター(5V 700mAh)利用時の状態。充電する電力よりも消費する電力の方が大きいのだ。よって充電台に置いてNOTTVを視聴しても、基本的に視聴後にはバッテリー残量が減っている。充電しながら電力を消費することになるので、バッテリーへの負担も大きく、発熱もやや多めだ。実際、充電しながらの視聴中に、本体の温度が42度を超えて画面輝度を強制的に下げられたりするシーンにも遭遇した。

          ●質問:指紋は付きやすい?

          SH-06Dは3色のカラーバリエーションを用意しているが、背面はMagenta RedとBlue Blackはマットな黒、Whiteは光沢のある白となっている。ディスプレイ面は当然指紋が付きやすいのだが、背面はカラーによってだいぶ印象が異なる。

          Magenta RedとBlue Blackは、マットな質感で手になじむソフトなさわり心地を実現した半面、指紋や手の脂ははっきりと跡として残る。また傷が付きやすい点も留意しておきたい。ひっかき傷だけでなく、擦り傷なども付きやすく、固いものと一緒にカバンやポーチなどに入れておくと、傷が付く可能性が高い。

          一方Whiteは、光沢仕上げでもともと陰影も目立たないカラーなので、指紋もほとんど目立たない。指紋が気になる人はWhiteを選ぶのがいいだろう。

          [園部修,ITmedia]

          【関連記事】

          ドコモ、モバキャス対応「AQUOS PHONE SH-06D」を3月23日に発売

          モバキャス「NOTTV」対応のAndroidスマホ――「AQUOS PHONE SH-06D」

          写真で解説する「AQUOS PHONE SH-06D」

          写真と動画で見るヱヴァスマホ「SH-06D NERV」

          NOTTV対応の「AQUOS PHONE SH-06D」発売 一括価格は6万円台後半、新規実質3万円弱

          http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120411-00000088-zdn_m-mobi


          (引用ここまで)






          五輪観戦は「自宅で」「家族と」が主流、電通総研が観戦スタイルを調査  今日あったニュースです

          0
            (ここから引用)

            五輪観戦は「自宅で」「家族と」が主流、電通総研が観戦スタイルを調査
            +D LifeStyle 4月9日(月)22時37分配信

            「誰と一緒にロンドンオリンピックを観戦したいか」、「どのような手段でロンドンオリンピックの試合を観戦したいか」の結果(出典:電通総研)

            電通総研は、7月から8月にかけて開催されるロンドンオリンピックに対する調査の結果を発表した。

            【拡大画像や他の画像】

            今回の調査はインターネット経由で行われ、調査対象は全国47都道府県に住む20から69歳までの男女1000名。調査期間は2月25日から26日まで。

            「誰と一緒にロンドンオリンピックを観戦したいか」という設問では、「家族」が78.1%、「どのような手段でロンドンオリンピックの試合を観戦したいか」では「自宅のテレビで中継を見る」が87.5%と主流。一方「オリンピック中、試合を観戦しながらのソーシャル・メディア利用」では、20代を中心に利用したいと考えており、そのうち「勝利の喜びを分かち合いたい時」に書き込みをしたいユーザーは72.5%にのぼった。

            また、「メダル獲得を期待している」および「応援している」選手/チームは、どちらもに1位が女子サッカーの「なでしこジャパン」、2位が男子体操の内村航平選手となった。

            【関連記事】

            世界初のソーシャル視聴サービス「JoiNTV」、日本テレビが実証実験

            オリンピック効果は限定的? GfKが2012年のテレビ需要予測を発表

            NHK、ロンドン五輪をスーパーハイビジョンで公開上映

            http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000093-zdn_lp-sci


            (引用ここまで)







            PR:格安サーバー

            Google、屋内マップ用の位置情報マーカーアプリ Floor Plan Marker を公開  本日はこのネタ

            0
              (ここから引用)

              Google、屋内マップ用の位置情報マーカーアプリ Floor Plan Marker を公開
              Engadget 日本版 4月8日(日)5時31分配信

              写真:Engadget

              Google が屋内マップ上の現在地表示を改善するためのマーキングアプリ Google Maps Floor Plan Marker をリリースしました。昨年末のバージョン 6.0 から加わったインドアマップは、公共交通機関や商業施設などで、自分がいるフロアの構内図を確認できる Android版 Google Map限定の機能。国内でもすでに主要駅や地下街、デパートなどが詳細な構内図の表示に対応しています。

              Google、屋内マップ用の位置情報マーカーアプリ Floor Plan Marker を公開

              Google は屋内マップのカバーエリアを拡大するため、施設やお店の側がすでに持っている利用者向けの構内図や建築図面の提出をウェブで受付中です。今回Android端末用にリリースされた Floor Plan Marker は、この屋内図上での現在地情報表示をより正確にするための計測アプリ。アプリの画面上で指示されたとおりに構内図上を歩くことで、Google のデータベースが屋内での現在地を識別するための情報を登録します。

              利用する情報は屋内では拾いにくい GPS 信号だけでなくWi-Fi アクセスポイントや携帯電話の基地局情報など、 Android標準の位置情報サービスと同様。要は人間 Google ボットと化してGoogle の位置情報データベースに貢献するためのアプリです。とはいえスマートフォンはたいてい個々のユーザーを歩く情報収集センサーとして使っているもので、規約に同意せず位置情報サービスをオフにでもしていないかぎり、もとより AndroidユーザーはGoogleの、iPhone ユーザーはアップルのデータベースに貢献する働き蜂的な役割を果たしているともいえます。Google Maps Floor Plan Marker アプリは現在米国向けにのみ提供中。

              追記:Floor Plan Marker は、お店など構内図を提供する側がデータベースの精度を上げるために使うアプリ。インドアマップの表示そのものは、Androidならば日本国内を含む世界で誰でも利用可能です。念のため。そういえば先日公開されたメガネ型端末 " Project Glass " のコンセプト動画でも、書店で望みの分野の本がある棚を探すデモがありました。

              【関連記事】

              Android版 Instagramがさっそく更新、タブレットやWiFi端末・SDインストールに対応

              最高時速45kmの電動自転車 Specialized Turbo、無線規格ANT+対応(動画)

              Google 創業者セルゲイ・ブリン、メガネ端末Project Glassを着用中

              ウィルコムの累計契約数が過去最高を突破、468万1600件

              http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120408-00005991-engadget-sci


              (引用ここまで)






              G-Tune、Intel Z77搭載の「NEXTGEAR」と「NEXTGEAR-MICRO」を発売  今日はこれに関して

              0
                (ここから引用)

                G-Tune、Intel Z77搭載の「NEXTGEAR」と「NEXTGEAR-MICRO」を発売
                マイナビニュース 4月8日(日)2時10分配信

                (写真:マイナビニュース)

                マウスコンピューターは8日、同社のゲーミングブランド「G-Tune」において、Intelが本日リリースしたばかりの新型チップセット「Intel Z77 Express」を搭載するBTOデスクトップ「NEXTGEAR-MICRO im600シリーズ」ならびに「NEXTGEAR i621シリーズ」を発表した。販売開始は直営店で8日開店時間より、Web直販で9日午前6時より、電話通販で9日午前10時より。

                ○NEXTGEAR-MICRO im600シリーズ

                ラインナップは3モデルで、Intel Core i5-2500K、Intel Z77 Expressチップセット採用マイクロATXマザーボード、4GBメモリ、500GB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、NVIDIA GeForce GTX 550 Ti、Windows 7 Home Premium with SP1 64bitをプリインストールした「NEXTGEAR-MICRO im600BA1」が69,930円から。

                上記モデルをベースに、Intel Core i7-2700K、NVIDIA GeForce GTX 560を搭載した「NEXTGEAR-MICRO im600SA1」が89,880円から。そのim600SA1をベースに、デュアルチャネル8GBメモリ、NVIDIA GeForce GTX 570、80PLUS認定700W電源を搭載した「NEXTGEAR-MICRO im600GA1」が109,830円から。

                ○NEXTGEAR i621シリーズ

                ラインナップは2モデルで、Intel Core i7-2700K、Intel Z77 Expressチップセット採用ATXマザーボード、デュアルチャネル16GBメモリ、120GB SSD Intel 520、1TB HDD、DVDスーパーマルチドライブ、NVIDIA GeForce GTX 570、80PLUS認定700W電源、Windows 7 Home Premium with SP1 64bitをプリインストールした「NEXTGEAR i621GA1」が139,860円から。さらに搭載するグラフィックスをNVIDIA GeForce GTX 580とした「NEXTGEAR i621GA1-SP」が149,940円から。

                なお、上記i621シリーズの2モデルでは、標準構成で、SSDをキャッシュとして使用し、HDDのランダム読み込み性能を向上させる技術「インテル スマート・レスポンス・テクノロジー」に対応している。

                [マイナビニュース]

                http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120408-00000002-mycomj-sci


                (引用ここまで)






                ソフトバンクWebサイト、店舗の混雑状況を確認する新機能を追加  本日はこのネタ

                0
                  (ここから引用)

                  ソフトバンクWebサイト、店舗の混雑状況を確認する新機能を追加
                  マイナビニュース 4月5日(木)23時10分配信

                  (写真:マイナビニュース)

                  ソフトバンクモバイルは5日、同社Webサイト ショップ詳細ページに、店舗の混雑状況を確認する新機能を追加した。

                  今回追加された新機能は、「ソフトバンクショップの混雑状況を、お店に行く前に知りたい」(同社)というユーザーからの要望に答え、追加したもの。同機能を利用することで、「ユーザーが受付までにかかる時間(待ち時間)」「待っている来店者の人数(待ち人数)」をWebサイト上で確認できる。

                  今回のWebサイト上に新機能が追加されたのは、以下の16店舗。今後、随時店舗数を拡充する予定だという。

                  (記事提供:AndroWire編集部)

                  [マイナビニュース]

                  【関連記事】

                  Android 4.0搭載スマホ「104SH」に新色「SHINING PEARL」追加 - ソフトバンク

                  BBソフトサービス、iPhone、iPad向けの写真編集アプリ「Photo TAP」提供

                  ソフトバンク、固定網対応のモバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi BB 101SB」発表

                  「スティーブの思いが込められた作品」 - ソフトバンク孫社長が新型iPadをアピール

                  新iPad向けキャンペーン、ソフトバンク携帯ユーザーは"0円から"のプランも

                  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120405-00000060-mycomj-mobi


                  (引用ここまで)






                  社内SNS導入で「メールゼロ化」は実現できるか 今日はこれを取り上げます

                  0
                    (ここから引用)

                    社内SNS導入で「メールゼロ化」は実現できるか
                    TechTargetジャパン 4月4日(水)22時29分配信

                    ●社内SNSでどうメールゼロ化を実現できるか

                    米調査会社Current Analysisのエンタープライズコミュニケーション担当調査ディレクター、ブライアン・リッグス氏によれば、前編「社内SNSとメールを使い分ける海外企業」で紹介した仏Atos Originがメールの代替手段として使用している企業向けソーシャルソフトウェアは、部分的には自家製のソリューションだという。つまり、今日市場で入手できる企業向けSNSソリューションとは若干異なるということだ。「メールゼロポリシーを成功させるためには、社内コラボレーションの場を1つに集約し、インスタントメッセージング(IM)やメールなど各種のアプリケーション間の切り替えが不要なオールインワンのメッセージングインタフェースを用意することが鍵になるだろう」とリッグス氏は指摘している。

                    ※前編記事:社内SNSとメールを使い分ける海外企業

                    →http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1203/26/news04.html

                    企業向けSNSのベンダーである米SocialTextのCEO、ユージーン・リー氏は、メールにもソーシャルコラボレーションソリューションにもそれぞれビジネスコミュニケーションにおける役割があると考えている。そしてSocialTextのサービスは、多くの企業が慣れ親しんだプラットフォーム、つまりイントラネットの付属品として使用できるという。

                    「われわれは顧客企業のイントラネットを静的ではなくソーシャルなものにするために協力して取り組みを進めている。このアプローチにより、従業員はイントラネットを企業文書のリポジトリ以外の用途にも使用できるようになり、業務にも活用するようになるだろう。イントラネット上の情報やデータは、人事部ではなく一般社員が提供するものが主となるべきだ」とリー氏。

                    「社内SNSのプラットフォームには、メールに含まれる各種の情報を統合する他、コラボレーションに必須の持続的な対話を可能にするIMのような機能を統合する必要があるだろう。社内SNSをメールに取って代わるコミュニケーション手段としたいのであればなおさらだ」とForresterのデューイング氏は指摘する。同氏は社内のビジネスコミュニケーションに適したモデルとしてSalesforceを挙げている。

                    「データと対話の両方を1カ所にまとめることが重要だ」と同氏。

                    ※関連記事:Salesforce Chatterの基本機能とエディションによる違い

                    →http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1012/20/news02.html

                    ●メールは必要悪として存続する

                    「メールゼロ化は立派な目標かもしれないし、ソーシャルメディアコラボレーションは企業に大きな成果をもたらす可能性もあるが、社内SNSにはまだ克服すべき課題がある」とラザー氏は言う。

                    同氏によると、企業は依然として社内SNS実装の投資対効果(ROI)をどう測るべきかを決められず、社内SNSによって「コストをどれだけ削減できたか」や「プロジェクトの実施を前年比でどれだけ改善できたか」の測定に苦心している。「それよりも企業は社内SNS上での活動を追跡し、従業員が社内SNSからどのような価値を引き出しているのかを調査すべきだ」と同氏は言う。

                    「コラボレーションの改善の度合いは数値では測りづらい。企業向けSNSプラットフォームの有用性はもっと主観的に測定されるべきものだ。今後、企業がソーシャルツールを採用し、そのメリットの測定を始める中で各社がどのような難題に直面することになるのかを興味深く見守りたい」と同氏。

                    またCurrent Analysisのリッグス氏によれば、Atosのような積極的なメール禁止ポリシーは経営陣がその方針を支持して初めてうまくいくものだという。つまり組織のトップが自らそのポリシーを採用し、推進する必要があるということだ。

                    「幹部が自分のチーム内でソーシャルメディアの使用を積極的に奨励し、皆に同じようにソーシャルメディアを使わせる必要がある。例えば50人のチームがあって、そのうち半数だけがSNSを活発に使用し、残りの人たちはそうでもなかったとする。そのような状態ではプロジェクトの導入自体が危機に陥りかねない。どのようなプロジェクトにおいてもコミュニケーションは極めて重大だからだ」と同氏。

                    「メールとは異なり、社内SNSは多くの従業員にとってはまだ非常に新しい存在だ。メールの使い方は誰でも知っているが、社内SNSの使い方については相当な社員教育が必要だろう。誰もが効率的なコミュニケーションを図れるよう、企業向けSNSの活用法を教える必要がある」とさらに同氏は続けている。

                    リッグス氏によれば、メールなど各種のメッセージングツールを1つのインタフェースに集約できるプラットフォームを開発することで、ベンダーはこの問題を解消できるかもしれないという。「ソーシャルソフトウェアは今日のビジネスコミュニケーションが抱えるメール過負荷の問題を解消する集約ポイントになるのではないかと、私は大いに期待している」と同氏は語っている。

                    ※関連記事:企業の情報共有、目下の課題は「ポリシー整備」と「情報の検索・再利用」

                    →http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1108/19/news04.html

                    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120404-00000080-zdn_tt-sci


                    (引用ここまで)







                    PR:キャンプや登山の用語集

                    自作通りに新店舗オープン、旧クレバリー跡地にも動きありについて

                    0
                      (ここから引用)

                      自作通りに新店舗オープン、旧クレバリー跡地にも動きあり
                      Impress Watch 4月3日(火)23時0分配信

                      写真:Impress Watch

                      リナカフェやクレバリー1号/2号店が相次いで閉店、一時的にシャッター街になっていた自作通りに新店舗がオープンした。

                      【拡大画像や他の画像】

                      オープンしたショップでは、別の2店舗がさらにオープンすることも示唆している。

                      ●PC系雑貨のショップがオープン

                      まず、4月1日(日)、PCNET 秋葉原2号店跡地にオープンしたのが「RED ZONE」。

                      同店は、主にPC系雑貨などを扱うショップで、現在はLANケーブルの大量の特価品やBoogieBoard、ゲームパッド、Bluetoothキーボード、モバイル向けバッグなどを雑多に積み上げて販売中。

                      ただし、「取り扱い品目は今後変更する可能性がある」(同店)とのこと。

                      営業時間は平日が12時〜20時、休日が11時〜20時。定休日なしの予定。場所は千代田区外神田3-13-3(ブロックD2-[f2])

                      ●再開発は当面なし?

                      なお、この近くで営業していたクレバリー1号店/2号店は「区画整理」を理由に閉店、クレバリー秋葉原店に営業を統合しているが、今回オープンしたRED ZONEでは、「僕らが契約する際は、特に再開発の話は無かった」と説明。

                      実際、同店は“期間限定営業”ではなく、長期営業する、普通の店舗として運営しているという。

                      さらに同店では「うちとは関係ないが、クレバリー1号店や2号店の跡地にも、それぞれ別のお店が近日中に入居すると聞いており、この通りもまたにぎやかになると思う」とも説明している。

                      これらの詳細は不明だが、複数の別ショップ関係者は「賃貸物件として不動産会社から話があった」とする。両店跡地には先週ごろから業者が時折出入り、シャッターを開けて作業をする様子も確認されている。

                      長期的な見通しは不明なものの、すぐに再開発が始まる、という可能性は低そうだ。

                      なお、「自作通り」関連の動きとしては、3月に撤去された桜組専用劇場の跡地が駐車場として整備中。そう遠くないうちに営業が始まる模様だ。

                      【AKIBA PC Hotline!】

                      【関連記事】

                      【2012年3月3日】クレバリーがリニューアルオープン、3店を統合

                      【2012年2月11日】クレバリー1号/2号店が2月末で閉店、インターネット館に統合

                      【2011年12月24日】リナカフェ最後のイベント、「つくもたん リナカフェなう!」が週末開催

                      【2011年12月3日】リナカフェが12月25日に閉店 

                      【2011年12月24日】PCNET 秋葉原2号店が閉店(お買い得価格情報2011年12月23日)

                      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120403-00000064-impress-sci


                      (引用ここまで)






                      ドコモ、「ヱヴァンゲリヲン」スマホ「SH-06D NERV」特設サイト公開

                      0
                        (ここから引用)

                        ドコモ、「ヱヴァンゲリヲン」スマホ「SH-06D NERV」特設サイト公開
                        japan.internet.com 4月2日(月)22時51分配信

                        ドコモ、「ヱヴァンゲリヲン」スマホ「SH-06D NERV」特設サイト公開

                        NTT ドコモは2012年4月1日、2012年秋に公開される予定のアニメーション映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」とのコラボレーションによる特別仕様 Android スマートフォン「SH-06D NERV」について、紹介用の特設 Web サイトを公開した。同製品を発表した当初、ボディ背面の画像と基本的な仕様だけしか公表していなかった。現在開発中で、2012年6月に台数限定で発売する予定。

                        【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】

                        SH-06D NERV は、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q の世界観を再現した「NERV 官給品」コンセプト モデル。本体デザインに加え、専用の付属リアカバー、内蔵コンテンツ、ユーザー インターフェイス(UI)、パッケージなどを、同映画の製作会社であるカラーが全面的に監修する。

                        特別デザインの UI は、劇中に登場するスーパーコンピュータ「MAGI」をイメージして制作。さらに、「NERV 職員」アプリケーション/ゲーム/ウィジェット、カラー制作の SH-06D NERV 専用 3D ムービーも提供する。

                        4月1日開局のモバイル端末向けテレビ放送「NOTTV(ノッティーヴィー)」にも対応しており、NOTTV のヱヴァンゲリヲン特別番組を視聴可能。本体を置いて見やすい角度で視聴できるアンテナ付き卓上ホルダーも、専用のコラボデザインとなる。

                        画面は 3D 表示対応の約4.5インチ(720×1,280ピクセル表示)で、有効画素数が約800万画素の外側カメラと、同約32万画素の内側カメラを搭載。IPX5/IPX7 相当の防水性能、IP5X 相当の防塵性能を備える。プロセッサは、動作周波数 1.2GHz のデュアル コア品。

                        LTE データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」に非対応で、「FOMA ハイスピード」利用時の最大データ通信速度は下り 14Mbps、上り 5.7Mbps。無線 LAN(Wi-Fi)と Bluetooth による無線データ通信が可能。Wi-Fi テザリングも行える。おサイフケータイ/ワンセグ/赤外線通信/GPS/エリアメールに対応。おくだけ充電には非対応。

                        おおよそのサイズは幅66×高さ128×厚さ11.8mm、重さは約 145g。

                        なお、ベースとなるモデルはすでに販売を始めている「AQUOS PHONE SH-06D」(シャープ製)。

                        【関連記事】

                        好きな写真やメッセージで立体 GIF アニメが作れる「Make Sweet」

                        TOYOTA X STUDIO 4℃ 東京国際アニメフェアで PES プロジェクト開始

                        チャロ、東北地方の民話の世界へ -- 人気アニメ『リトル・チャロ』が新番組を4月に開始

                        ドコモ、「ヱヴァンゲリヲン」スマホ「SH-06D NERV」を6月発売へ

                        猫の GIF アニメと YouTube 音楽で癒される「Procatinator」

                        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120402-00000033-inet-mobi


                        (引用ここまで)







                        PR

                        calendar

                        S M T W T F S
                           1234
                        567891011
                        12131415161718
                        19202122232425
                        2627282930  
                        << November 2017 >>

                        selected entries

                        categories

                        archives

                        recommend

                        links

                        profile

                        書いた記事数:308 最後に更新した日:2012/11/01

                        search this site.

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM